キミエホワイト

はじめに

「顔のシミ、いつの間にか大きくなってる気がする……!」

 そんなお悩みを抱える女性は、多いのではないでしょうか? 顔にできたシミを見ると、思わず憂鬱になってしまいますよね。

 

 シミができる原因は、一つではありません。

 年齢によるもの、紫外線によるもの、ホルモンバランスの崩れによるもの、と人によって色々と原因があります。

 でも、一つ言えることは、年を重ねるごとにシミは濃く、皮膚の奥深く沈着していくということです。そのため、シミ対策を日頃から続けることが必要なんですね。

 

 では、シミにはどのような対策が効果的なのでしょうか?

 日々のことで失念してしまいがちなのが、なんと言っても紫外線対策。

 シミの最大の原因は、紫外線によってできるメラニン色素だからです。

 紫外線がコワイのは、夏ばかりではありません。陽が昇っている時間なら一年中紫外線はありますし、雨の日でもまったくのゼロになるわけではありません。

 特に、春から夏にかけて紫外線は強くなってきますので注意が必要です。きちんと日焼け止めクリームを塗ることや、日傘やつばの広い帽子をかぶるというような対策をして、肌にダメージを与えないようにしましょう。

 

 もちろん、日常の食生活や睡眠、運動などの習慣も大事です。

 シミにストレスは大敵です。ヨガやウォーキングのような適度な有酸素運動を続けて、身も心もストレスをすぐに解消できるような生活を送りましょう。

 ストレス解消には、活性酸素を取り除くといいと言われていますので、食生活では新鮮なフルーツや野菜をたくさん摂取して、ビタミン・ミネラルなどバランスのよい食事をすると良いでしょう。

 それと同時に、睡眠の長さと質はとても大事です。成長ホルモンが出る夜の10時から2時の間はきちんと寝るようにすると、翌朝のお肌の状態が良くなりますよ。

 

 ただし、できてしまったシミを消すには、これまでの対策では不十分です。

 では、「攻めのシミ対策」というのは、いったいどのようなものがあるのでしょうか?

キミエホワイトの特徴

 シミや美白というと、ビタミンC入りのサプリメントがたくさん発売されています。皆さんの中にも、いろいろと試した方もいらっしゃるでしょうね。

 確かに、ビタミンCは私たちの体を健康に保つために必要不可欠な成分です。新鮮な果物や野菜に含まれているビタミンCですが、食生活が乱れると不足しがちになります。だから、サプリで補給するのはとてもいいことなんです。

 ただ、そうした習慣はこれからできるシミの予防にはなりますが、できてしまったシミを消すには少々物足りません。ビタミンC単体では、パワー不足なんです。

 

 シミを消す成分には、いくつか種類があります。

 シミは肌の奥でメラニン色素が沈着することによって起こりますから、正常な肌の状態に戻して不要なメラニンを排出させるにはビタミンC以外の有効成分も必要になってきます。

 そうしたシミや美白対策に効果があると評判になっているのが、キミエホワイトという製品です。

 

 では、キミエホワイトにはどんな有効成分が含まれているのでしょうか?

 キミエホワイトに入っている成分は、Lーシステインとアスコルビン酸、パントテン酸カルシウムの三つです。

 この三つの成分があれば、私たちは「攻めのシミ対策」ができるんです!

 

・Lーシステイン

 多くの美白サプリや医薬品に使われている成分で、しみやそばかすの原因になる黒いメラニン色素の生成を抑える役割をします。それとともに、皮膚全体の代謝機能を高めてくれるので、メラニンを排出させるよう働きかけてくれます。

 

・アスコルビン酸

 体の酸化を還元する働きがあります。皮膚や粘膜の部分を正常に保ってくれます。

 

・パントテン酸カルシウム

 体内に取り込まれたタンパク質や脂質、糖質などを正常に代謝するために働きます。健康な皮膚を保つためには必要不可欠な成分です。

 

 キミエホワイトには、この三つの成分が入っているので、効き目が早く出ると言われているんですね。

 今、販売されているのは従来のキミエホワイトに改良を加えた、新たなキミエホワイトプラスという製品です。

 その特徴として、まずあげられるのはL―システインの配合量が1.5倍に増えて、一日量あたり240mgになったこと。これは、第三類医薬品としては最大の量になります。

 L-システインが入った市販薬はよくありますが、配合量が少ないので効果を実感しにくいという問題点がありました。

 現在販売されているキミエホワイトは、配合量を大幅に増やしてバージョンアップしています。その結果として「シミ・そばかすの緩和」から「飲んで効く」と言える医薬品に変化したんですね。

 シミ・そばかすケアは、新たにできるメラニン色素を抑えること、できてしまったメラニンの定着を抑え、自然に排出するということが必要になってきます。こうして皮膚の代謝を促すことによって、美しく白い肌をキープできるんです。

 キミエホワイトに配合された有効成分によって、こうしたサイクルがうまく機能するようになるんですね!

 

 しかも、キミエホワイトには、シミ・そばかすだけではなく、疲れやだるさ、そしてなんと二日酔いにまで効果があるんです。

 その人の皮膚を見れば内臓がどんな状態かわかる、と言われるように、肌は健康のバロメーターですよね。

 毎日、キミエホワイトを飲むと、内側から輝くような健康的な体と美白肌がゲットできるんです。

 

 でも、こうしたサプリや医薬品で心配なのが、続けられるかどうかということですよね。

 特に、一回当たり何錠も飲まなければならないと、ついついおっくうになってしまいます。

 その点、キミエホワイトは簡単です。従来品は一回二錠服用としていましたが、新たなキミエホワイトは一回一錠できちんと効果があります。

 なぜかと言うと、これまで糖衣錠だったのがフィルムコーティングになって、一錠に成分をたくさん入れられるようになったから。ダイエット中で糖分が気になる方にとっても、これはうれしい変更点ですよね。

キミエホワイトの成分

 では、キミエホワイトの成分について詳しく見ていきましょう。

 キミエホワイトには、お肌にいいL-システインとアスコルビン酸、パントテン酸カルシウムが入っている、と先ほどご説明をしました。

 では、まずL-システインについて見ていきましょう。

 

 L-システインというのは、美白やシミ改善をうたっている第三類医薬品のほとんどに入っている成分です。

 シミを薄くするために使われる成分には、作用によって二つに分けられます。シミを漂白するものとシミを体の外に排出するものです。L-システインは後者の働きをするために、美白やシミ消しに効果があると言われているんです。

 同時に、体全体の代謝にも有効に働くので、飲み続けると健康を保つことができます。キミエホワイトは二日酔いにも効果があるとお伝えしましたが、アルコールの代謝に働きかけて体の外に排出するので、酔いが残らないというメカニズムなんですね。

 美白にも体調管理にもいいL-システインが一日の許容量の240mg配合されているというのが、なんといってもキミエホワイトの最大の魅力です。L-システインが配合されているシミ改善薬はけっこう多いですが、一日当たりの容量が少ないのが問題です。

 シミ改善薬でL-システイン配合と言っても一日当たり80mgしか配合されていないものも、中にはあるんです。それよりも、キミエホワイトは3倍もL-システインが配合されているので、効き目が早く出るんですね。

 

 次に、アスコルビン酸についてご説明しましょう。

 アスコルビン酸というと、あまり聞き慣れない名前じゃないかと思いますが、要するにビタミンCのことです。

 美白・シミ改善といえば、ビタミンCが真っ先に出てくるほど有名ですよね。

 これは単体で摂取するよりもL-システインと一緒にとると、相乗効果があるのでオススメなんです。ビタミンCには、還元作用といってストレスを受けた細胞をもとに戻す働きがあるので、メラニン色素の代謝をつかさどるL-システインと一緒に協力し合って、紫外線のダメージで弱った皮膚を正常な状態にキープしてくれるんです。

 

 パントテン酸カルシウムは、昔はビタミンB5と言われていた成分です。これは、タンパク質や脂質、糖質などの代謝に使用される成分で、健康維持には非常に大事なものになります。

 これが不足してしまうと、肌の健康が損なわれて皮膚炎になったり、お腹が張るような便秘を引き起こしたりします。美容と健康を気にする女性にとって、欠かすことができない成分だということがわかりますね!

 

 キミエホワイトを構成している三つの成分。単体で摂取するよりも、三つバランスよく組み合わせて摂取することによって、シミや美白肌に導いてくれるんです。

 L-システインやアスコルビン酸、パントテン酸カルシウムという肌にいい成分をたっぷりと配合しているから、キミエホワイトは納得いく効果が得られるとネットで評判になっているんですね!

キミエホワイトの飲み方

では、キミエホワイトはどんな風に飲むのがオススメなのでしょうか?

 サプリメントと違って、第三類医薬品であるキミエホワイトには、パッケージに服用方法が記載されています。

 一日三回食後に一錠ずつ、という服用方法があらかじめ規定されているのです。補助的な栄養分というのは、食事と一緒に消化吸収されるのが効果的に体内に取り入れる方法だからでしょうね。

 

 とは言っても、一回忘れたからってそんなにピリピリすることはありません。ただ、外出時でもきちんと食後に飲めるように、いつも何錠かはピルケースに入れて持ち歩いておくといいと思いますよ。

 忘れてしまった分はすぐに飲むか、次の食事の後にその分増やして飲むなどすれば、最終的な効果に影響はないかと思います。

 シミは一日でできたわけではありません。時間をかけて肌に沈着したものですから、シミ消しも時間と我慢が必要になります。

 美は一日にしてならず、と言います。

 ぜひ、キミエホワイトを気長に飲み続けて美しい肌を取り戻してくださいね。

キミエホワイトに副作用などの危険はないか?

 キミエホワイトは第三類医薬品で、L―システインがたっぷり含まれているため、市販の美白サプリなどよりも効果があるということは、おわかりいただいたかと思います。

 でも、医薬品と聞くと心配になってくるのが、副作用の問題ですよね。サプリメントならばそこまで気にならないですが、薬って言われると飲み合わせとかが気になりますよね。

 そんな心配症の方のために、キミエホワイトの副作用の危険について調べてみました。

 

 ドラッグストアで購入できる薬が区分けされているのをご存知でしょうか?

 市販の医薬品には4種類の分類がされています。薬局で買えるけれど薬剤師の指導が必要な薬が要指導医薬品、第一類医薬品の二つです。

 第二類医薬品は、まったく副作用の危険はないわけではないけれど、薬剤師の説明なしにふつうにレジに持っていけば購入できる医薬品です。成分同士の相互作用で注意が必要な、風邪薬などに第二類医薬品が多いです。

 キミエホワイトは、副作用の危険がほとんどないビタミン剤などが多く属する第三類医薬品です。第二類医薬品と同じで、薬剤師の指導は必要ありません。

 キミエホワイトの中に入っている成分には、飲み合わせに注意が必要なものはありません。L-システインは皮膚の代謝を正常な状態に戻すアミノ酸の一種ですし、アスコルビン酸とパントテン酸カルシウムも水溶性ビタミンの一種です。水溶性ビタミンは取りすぎると尿から排出されるビタミンです。

 キミエホワイトは、よほど過剰摂取しない限り副作用の危険は限りなく少ないと言えるでしょう。

 

 ただし、現在なんらかの症状や病気があって通院している方や、なにか他の薬をすでに飲んでいるという方は注意が必要です。

 かかりつけのお医者さんや薬剤師にキミエホワイトを飲んでも大丈夫か、きちんと確認してから服用するようにしましょう。

 専門家の意見を聞いた方が、ご自身も安心できると思います。たとえ面倒くさいと思っても、キミエホワイトの購入前に確認してみることをオススメします。

キミエホワイトの口コミと評判まとめ

ここまでで、キミエホワイトが気になっている方も多いのではないでしょうか。

 慎重な皆さんは、実際に使った人の口コミを見ないと信じられない、という方もいらっしゃるかもしれないですね。

 そんな方のために、某コスメサイトに投稿されたキミエホワイトの口コミを五つほどご紹介いたします。

 

「まだ一瓶飲み終わっていないけど、生理前のニキビが気にならなくなりました。あと、疲れにくくなったかも。まだ、シミへの効果はわからないですが、続けていきたいと思います」

 

「できてしまったシミに対する効果はまだわからないです。でも、2年ほど飲み続けていて、周りから色が白いと言われるようになりました。色素沈着するタイプでしたが、そういうのがなくなったのかも」

 

「肝斑が気になって飲み始めました。キミエホワイトを飲み始めてから、目の下の肝斑が薄くなってきたような気がします。まだ一瓶飲み終わっていないですが、私には効くようなので続けたいと思います」

 

「服用して三ヶ月です。ソバカスがちょっとだけ薄くなったような気がします。シミにはまだ効果は感じられないですね」

 

 キミエホワイトの服用期間については、皆さんまちまちですが、それほど時間が経っていないのに効果が出ている人もいるようですね。

 シミについては、肌の奥深くにメラニンが沈着しているので、シミの状態によってはかなり時間がかかると言われています。

 ここでは、代表的な三つのシミについて見ていきましょう。

 

・老人性色素斑

 紫外線が原因のシミ。頬骨の高い部分やこめかみなどに出るもの。平坦で丸いものが多い。

 

・肝斑

 頬骨や鼻の下、額などに出る左右対称のシミ。30~40代の女性に多い。

 

・ソバカス

 鼻を中心に、顔全体に散らばるように出る。子どもの頃から出るが、紫外線によって濃くなることもある。

 

 この他にも、太田母斑など多種多様なシミが存在します。

 シミ治療の基本は、ご自分が悩んでいるシミがいったい何のシミなのかを確認することです。肝斑だと思っていたら老人性色素斑だったり、その逆だったり、と勘違いすると厄介なケースもありますから、あまりにも気になるようなら皮膚科専門医に一回診てもらいましょう。ちなみに、L-システインには肝斑を改善する効果はないようです。

 

 キミエホワイトの効果はシミばかりではなく、肌本来の代謝機能を高めることにあります。この口コミを寄せている皆さんのように、それがニキビの改善だったり、疲労回復だったり、肝斑や色素沈着の改善などだったりするかもしれません。

いずれにしても、キミエホワイトに入っている成分が作用して、そうした肌を美しく正常にする効果につながっているので、長い目で見て飲み続けることをオススメします。

 

「目元のシミが気になって使用していますが、まだ効果はありません。母は一ヶ月くらいでくすみが消えたって言っていたので、体質によって効果が出てくるのに時間差があるんでしょうか?」

 

 ご自身は効果がないのに、周りの方が先に効果が出ると焦りますよね!

 キミエホワイトは、皮膚のターンオーバーの改善や体質改善をすることでゆっくりとメラニン色素を排出させるお薬です。人によって、体質によって、そして、そのシミの種類によっても効果には差があるのは当然のことかもしれません。

 

 即効性という意味で言うと、美容皮膚科でレーザー治療を受けるのが最も手っ取り早い方法です。しかし、ダウンタイムを長いことと、必ずしも全部のシミが取れるわけではないこと、紫外線対策を怠るとさらにシミが濃くなる可能性が大きいこと、などデメリットも多いので慎重に検討すべき治療法であることも確かです。

 

 そうした方法と比べると、薬やサプリでシミを消すというのはデメリットがない代わりに、時間がかかることは覚悟しておく必要があります。

 キミエホワイトには、第三類医薬品で最大容量の240mgのL-システインが含まれているので、できてしまったシミにじっくりと確実に効いていきます。

 美白成分も、肌や細胞の生まれ変わりに必要な3ヵ月間は継続しなくては効果がわかりません。あせらず気長に続けることで、美しい肌を手に入れましょう。

キミエホワイトはどこで購入できる?

 では、キミエホワイトはどこで購入できるのでしょうか?

 私の家の近所のドラッグストアを何軒か回ってみましたが、残念ながらキミエホワイトの取り扱いはありませんでした。

 

 そこで、通販大手の楽天やAmazonでキミエホワイトを検索してみましたが、ヒットするのは類似商品ばかり、という結果になりました。肝心のキミエホワイトは大手通販サイトでは取り扱っていないようです。

 キミエホワイトはネットの口コミが多く寄せられていますが、実は入手困難な商品なんでしょうか?

 

 販売元の富山常備薬のホームページを検索してみると、ようやくキミエホワイトを見つけました!

 キミエホワイトは、公式ホームページのみで入手できる製品のようです。

 お値段については、一ヵ月分4200円ということで少々お高めの設定になっていました。それでも、L-システインが240mg摂取できるシミ改善薬の価格としては、他社と同じくらいです。

 

 キミエホワイトは、初回に限って1900円で購入できるようです。まずはお試ししたいという方も多いと思いますので、これはすごくいいシステムですね!

 定価の半額以下でキミエホワイトを気軽にお試しできるので、富山常備薬の公式ホームページで購入するのは唯一の方法で、なおかつオトクな購入方法だということがわかりました。

 公式ホームページには、大手通販サイトにはない特典がありますが、キミエホワイトの場合はどうなのでしょう?

 

 富山常備薬のホームページには、初回限定価格以外にオトクな価格は見当たりませんでした。ただし、web上での申し込み以外に電話でオペレーターに注文すると、「お電話限定価格」というのが適用されるようですね。

 医薬品専門のオペレーターが担当してくれるということですから、この機会にいろいろと相談してみてはいかがでしょうか? シミのお悩みの相談に乗ってくれる以外に、キミエホワイトをお安く購入できる「お電話限定価格」を教えてくれるのだから、利用しない手はありませんよね!

 お薬を通販で購入することに抵抗があるという方も多いですから、まずはお電話で相談してみることをオススメいたします。

まとめ

キミエホワイトは、L-システインとアスコルビン酸、パントテン酸カルシウムの三つの主成分の相乗効果によって、シミ消しや美白に効く第三類医薬品です。

 特徴としては、L-システインの含有量がとても多いこと、従来製品にはなかったパントテン酸カルシウムを配合したこと、コーティング剤の変更によって一回一錠で済むようになったため、飲むのが面倒くさくないことが挙げられます。

 キミエホワイトの成分としては、肝斑以外のシミに効果があるものがたっぷりと配合されており、副作用の危険性もほとんどないといわれています。シミやくすみに悩んでいる方には、キミエホワイトはぜひとも試していただきたい製品です。

 ネットの口コミでも評判が高く、人によってはひと瓶飲み切らないうちにくすみがなくなってきたり、ニキビが改善したりという効果が報告されています。もちろん、体質やシミの原因によるので、お肌の細胞が入れ替わる3ヵ月は続ける必要がありますが、即効性があったという方の口コミがあると試してみたくなりますよね!

 

 ただし、キミエホワイトは大手通販のAmazonや楽天では取り扱いがありません。そのため、製品の販売元である富山常備薬のホームページから購入する必要があります。キミエホワイトの定価は、一ヵ月分で4200円です。

 でも初回は、なんと定価の半額以下の1900円で購入できます。たっぷり一ヵ月分のキミエホワイトがオトクにお試しできちゃうんです! これは、うれしい特典ですよね!

 通販で第三類医薬品を購入するのはちょっと心配だ、という方のために富山常備薬では、医薬品専門のオペレーターが待機して、皆さんからのシミやお薬に対するお悩みに答えています。もし、なにか心配なことがあったら、富山常備薬のフリーダイヤルの番号に電話をしてみてはいかがでしょうか?

 多くの女性の肌悩みや体質改善に役立ってきたキミエホワイト。

 今度は、あなたがキミエホワイトで美しく健康的な肌を手に入れませんか?