シミ根本解決を目指して01「シミ対策の強い味方、ハイドロキノンとの正しい付き合い方

シミ対策の強い味方、ハイドロキノンとの正しい付き合い方

コスメ好き、美白マニアにはおなじみの成分、「ハイドロキノン」。シミの原因となるメラニン色素を作りだすメラノサイトの働きを抑制することでシミ対策に高い効果があるとされています。別名「お肌の漂白剤」。既にできてしまったシミの改善目的で使われることが多く、シミ、色素沈着、ニキビ跡の改善、しわケアにも効果があるとされています。

そのハイドロキノンを配合したクリームは数多く出ていて、製品によって配合されているハイドロキノンの濃度は異なります。一般的に市販されているもので1~4パーセント程度です。ハイドロキノンは高い効果があるとされる一方、とても刺激の強い成分。誤った使い方をすると、深刻な肌トラブルを引き起こすことがあります。効果の高い薬には、それだけ副作用のリスクが多くあるのです。

ハイドロキノンクリームの使用方法とは?

【ハイドロキノンクリームの正しい使い方】

  • パッチテストで問題がないか確認→二の腕の内側など皮膚の薄い部分に少量塗り、24時間程度放置。赤みなどトラブルがなければ大丈夫です。
  • 一日1~2回、シミが気になる場所に塗る→休日など外に出る用事がなく家にいるときは朝晩2回、それ以外の日は夜だけにするなど、塗り忘れがないように習慣づけてください。

【ハイドロキノンクリームを使うときの注意点】

  • ・シミのある部分だけに使う→シミができていない部分に塗ると肌トラブルが起きるかもしれません。指で塗るより綿棒など先の細いものを使い、シミの部分だけを狙って塗りましょう。

  • ・必ず紫外線対策と並行して行う→ハイドロキノンは紫外線を浴びるとかえってシミを 

  • 濃くする働きがあります。紫外線対策は必須! 就寝前に使うか、昼間使う場合は日焼け止め
  • を使ってください。洗顔後の清潔な肌に使う→洗顔後20~30分程度待つか、化粧水・乳液など
  • でケアした後に塗布。顔を洗った直後は角質層に水分が多く含まれている状態。浸透性が
  • 高くなることでハイドロキノンの効果が出過ぎる場合があるため注意が必要です。
  • ・使用期限を守る→ハイドロキノンは酸化しやすい成分。開封後、長期間経つと成分が劣化し、効果が下がってしまいます。

ビタミンCも美肌に効果があるとして有名な成分。でもその効き方はとっても穏やかです。一方ハイドロキノンは「新しいしみに変えない、できているしみは漂白する」という点でかなり強い成分を持っています。正しい使い方をしていかないと、白斑などの深刻な副作用が起きる可能性があるのです。

ハイドロキノンクリームは美容皮膚科などで処方してもらうこともできます。しかしハイドロキノンそのものの費用のほかに、病院の初診料や再診料、診察代が当然のことながら上乗せされます。自由診療の範囲なので、保険は適用されません。医師に診てもらえる安心感が、診察代としてあらわれているということかもしれません。

シミへの効果は欲しい、けれど副作用も怖いし紫外線ケアがはきちんとできているか心配…。そういう人は、体の内側からしみをケアする「キミエホワイトプラス」のような、体の内側から飲んで効く医薬品が向いているかもしれません。

今なら公式サイトでキャンペーン実施中!

キミエホワイトプラス

今なら公式サイトで半額以下の45%OFFで購入可能なキャンペーンを実施中!

なるべく安くキミエホワイトプラスを購入したいという人は公式サイトで購入するのが一番お得なので是非詳細をチェックしてみて下さいね!

 

button_001

 

※当サイトで紹介している情報やキャンペーンは急に内容が変更になったり終了したりする可能性があるので必ず公式サイトで最新の情報を確認するようにしてください