若見えの敵、シミ! そもそもシミってなんでできるの?

若見えの敵、シミ! そもそもシミってなんでできるの?

老けてみられる原因の一つ、シミ。しわと並ぶ加齢・老化の象徴で、女性が忌み嫌うものの一つです。しかし本来、シミとは「刺激から肌を守るためのもの」というのはご存知でしょうか。紫外線が最も大きな“敵”ですが、それ以外にもシミを作ってしまう原因があります。順を追ってご紹介しましょう。

最も有名で分かりやすい原因は「紫外線」です。厚さ0.1~0.3ミリといわれる表皮は、表皮細胞(ケラチノサイト)、色素細胞(メラチノサイト)などの層が重なってできています。その肌に紫外線があたると、色素細胞に信号が送られ、色素細胞は、かの有名な(!)メラニンという色素を生成し、紫外線から細胞核を守ろうとします。一度できたメラニンは古い細胞と一緒に垢になって排出されるはずですが、肌の生まれ変わっていく仕組み「ターンオーバー」が滞ると肌の中に残り、メラニンがとどまり続ける状態、「色素沈着」状態になっていく…これがシミの正体です。年齢を重ねると、日光性黒子、老人性色素班とも呼ばれるシミは、目につきやすい顔はもちろん、手や腕など露出することが多い部位に目立ってできます。顔は化粧で隠せても、腕や首筋で年齢がばれるのがあるのはこのためですね。


シミの原因は紫外線だけではありません。ニキビなど繰り返す炎症や、ひどい炎症になって跡が残ってしまった場合、そのままにしておくとシミになることがあります。その仕組みは、炎症の刺激や作られた活性酸素によって色素細胞がメラニンを生成→それが排出されないことで色素沈着しシミに変化。いわゆる黒ずみ状態になるのです。また、顔をごしごし洗ったり、基礎化粧品をつける際に叩きこむようにパッティングしたりすると、刺激がトラブルを誘発。シミにつながってしまいます。本来、肌はとても薄く、刺激に弱いものなのです。

また、乾燥もシミをうみだします。乾燥で角質層が硬くなると、垢となってはがれていく古い細胞が表面にとどまりやすくなっていきます。肌細胞生成が停滞することにより、メラニンが肌に残りやすくなるのです。ストレスによるホルモンバランスの乱れも、メラニンを多く生み出します。加齢によりターンオーバーのサイクルが乱れてくると、ますますシミがたまり、外に出ていかない状態になるのです。睡眠不足もシミをつくります。睡眠不足が続くと寝ている間の代謝がはかどりません。細胞の生成を促す成長ホルモンが十分に分泌されず、角質やメラニンが肌に残りがちになり、色素沈着・シミができやすくなります。タバコも敵です。喫煙は、メラニンを抑える働きをするビタミンCを減らします。ニコチンは乾燥や老化を加速させ、シミの発生に直結します。 このように、紫外線、刺激など、さまざまな原因でメラニンは作られ、年齢を重ねるとともにシミの要素は増えていきます。                 

このように、シミの原因は紫外線だけではない、ということが分かりました。シミ対策には日焼け止めを塗るのはもちろん、体の内側からシミに働きかける「キミエホワイトプラス」などを摂取し、両面から美肌を目指すことが効果的といえそうです。

今なら公式サイトでキャンペーン実施中!

キミエホワイトプラス

今なら公式サイトで半額以下の45%OFFで購入可能なキャンペーンを実施中!

なるべく安くキミエホワイトプラスを購入したいという人は公式サイトで購入するのが一番お得なので是非詳細をチェックしてみて下さいね!

 

button_001

 

※当サイトで紹介している情報やキャンペーンは急に内容が変更になったり終了したりする可能性があるので必ず公式サイトで最新の情報を確認するようにしてください